マンションの管理会社が民泊を開始

男性40代妻との二人暮らしです。仕事場にも近く、環境もよく買い物にも便利だったので思いきって引っ越しをしました。

以前住んでいたところは、余りにも繁華街に近く、便利と言えば便利ではあったのですが、同じマンション内に有名人が住んでいるようで、常に自宅マンションの周囲にはファンとおぼしき人たちがたむろしており、そう言う面での落ち着きがなく、出掛けるのも少々不安感がありました。

現在のマンションは、以前住んでいたところから駅ひとつほど離れており環境もよく、静かなため即決で移転することにしました。
少々地下鉄の駅からは距離があるものの、通勤は車のためさほどの問題もなく、なんと言っても地下駐車場があることは最大の魅力といえました。
都内の中心地で地下駐車場つき賃貸は先ず探すのが不可能といってよいでしょう。

最近になり、このマンションの子会社とも言うべく会社が、どうも民泊を始めたらしいのです。
我々住民になんの相談もなく、土地柄外国人の方々の出入りは今までもありましたが、なんの違和感もなく過ごしておりました。中には家族でお住まいの外国人の方々もおられましたがなんのトラブルもなく、会えば笑顔で挨拶するご近所付き合いをしておりました。
ところが、最近になり、余りに見知らぬ外国人の方々が増え、それも明らかに団体で旅行者といえる出で立ちです。

深夜に帰宅したときなど、メールボックスの前に数人でたむろしており不安感をもってしまいます。
管理人さんに聞いてみると、持ち会社の子会社が民泊を始めたとか。

満足して10年以上も住んできたのですが、これは余りにもひどいです。
法的云々など面倒なことは嫌ですし、他へ移転も考えております。

そう言えば、最近、引っ越しをするご家族を時々見かけたとは思っていたのですが、入居してくる方々を見かけなかったとは思いました。
これは余りにもひどいので思いきって知り合いの弁護士さんに相談してから移転しようかとも考えております。法的に云々は好みませんが、借り主としては居住権もあり、このまま泣き寝入りと言うのもスッキリしません。
餅は餅屋と言う例えもありますので、専門家に相談をしてみたいと思います。
法律的問題をもちだだずとも一言当方に事業内容を伝えてほしかったと思います。

それで、当方との折り合いがつかない場合、貸し主として責任ある対応を取って頂きたかったと思います。
将来的には、このマンションそのものを民泊としたいのかも知れません。東京オリンピックを見据え、
立地条件のよいこのマンションを民泊営業すれば、私たちのような家族に賃貸しするよりは効率が良いのかもしれません。

これから、都内の至るところで私たちのような問題が生じてくるかも知れません。

こういう場合、専門家に相談することをぜひお勧めします。
当方の条件に合う場所で物件を探させることができ、なおかつ移転とうとうの関する費用、更には慰謝料等の損害賠償をも請求することが出来ます。
断固泣き寝入りはしないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です